本文へスキップ

I'll enjoy gardening by making by hand.

ツリガネニンジン(釣鐘人参) キキョウ科 多年草


 9月の花
ツリガネニンジン


 8月から10月頃、山地の草原や林道沿いの日当たりの良い場所で、薄紫色の釣鐘状の花を咲かせます。根が人参のような形をしてることからツリガネニンジンと呼ばれています。

釣鐘人参


 葉は長楕円形で縁に鋸歯があり、4〜5枚を茎に輪生します。

ツリガネニンジンの葉


 花も葉と同じように茎に輪生し、萼片は糸状で後ろに反り返る。

ツリガネニンジン


 根は「沙参」と呼ばれ、健胃、痰きり、鎮咳などの生薬として利用されています。

ツリガネニンジン




野の花 トップページ