本文へスキップ

I'll enjoy gardening by making by hand.

フクジュソウ(福寿草) キンポウゲ科 多年草


 早春の花
フクジュソウ

 雪解け間もない早春の野に、3〜4センチの黄色い光沢のある花を咲かせます。

福寿草

 太陽光に応じて花弁を開閉するので、花を見るなら晴天の日がおすすめ。パラボラアンテナの様に陽光を中心に集めて、その熱で虫を誘引して受粉を促しています。

福寿草

 花茎には細かく裂けた葉があり、夏までに光合成を終わらせ、他の植物が生い茂るころには地上部は枯れて翌春まで地下で過ごします。



 ゴボウのような太い根があり、アドニンと呼ばれる毒性を持った有毒植物だが、縁起物の植物として古くから園芸用に栽培されており愛好者も多い。