本文へスキップ

I'll enjoy gardening by making by hand.

フキノトウ(蕗の薹) キク科フキ属 多年草


 早春の花


 雪解けと同時に早春の野に、花茎を10センチほど伸ばし細かく密集した花を咲かせます。



 早春の味として良く知られる「フキノトウ」は花茎が伸びるまでの物を言い、伸びて花が咲いてしまうと料理には向きません。



 花後は更に茎を伸ばしタンポポのような綿毛を付けた種子を風で飛ばします。



 花茎以外の茎は地下茎で横に這って長く伸び増殖する。




 花後は地下茎から葉茎を伸ばし、その葉柄は「ノブキ」として料理で利用される。ふきの葉は柔らかく、紙の代わりに排便後の尻ふきに使われたことから「拭き」が転じて名前になったという説がある。

ノブキの葉


 綿毛を付けた種子
フキノトウの種子